〜 サロン経営・スクール運営&講師活動・出張&イベントノウハウ・ブランディングからブラッシュアップ、広告やネット戦略、税・法務等周辺知識まで。
今、あなたに必要な「学び」と「出会い」がここに。 〜
〒 470-0155
愛知県愛知郡東郷町白鳥4-2-1 押草407-108
  1. 谷口校長コラム
 

谷口校長コラム

2014/08/17

★応援される人そうでない人
雨がシトシトと降っている静かな朝です。

さて。どのセラピージャンルであっても。セラピストとしての活動を“応援されるセラピスト”と“そうでないセラピスト”がいます。

セラピストの学校などとは直接関係ないシーンで出会った人たちの中でも『きっとこの人は応援される人なんだろうなぁ』『うーん、言ってることはわかるんだけど、、』など僕自身も感じることがあります。

「応援される人」と言いますと、可愛げがあるとか憎めないなどの本人の人柄や資質、持って生まれたものなどが前面に出がちですが、果たしてそれだけではないと僕は考えています。

やはり応援されるにはコツみたいなものがあるのではないか?と。たとえば、

応援すべきテーマが明確。する側が「これなら」と思える。
応援している姿をイメージさせてくれる。
応援されたことをいつまでも覚えている、反応する。
内容いかんに関わらず応援された結果を相手に伝える。
自らも応援することの喜びを知っている。
応援し応援される、一連の流れが一度きりとなっていない。
誰よりも自らが自らに働きかけている。
などなど。

きっと他にもあるのでしょうけど、セラピスト本人の資質だけで語れないということは僕の中でははっきりしています。

やはり一人でできることには限界がありますから、応援されるということに躊躇してはいけません。(文責:谷口晋一)

★ 無自覚に相手を死なせていないか?
日常的な部署間会議とか沢山の人が関わるプロジェクトとは縁があまりありませんが。

そういった場面で出てきた議題に対して色々細かく質問する。それも次々に。
すると『不確定要素が多すぎる』となり結局何もしなくなる。

アメリカの諺でそれを、千の質問による死(death by a thousand questions)」と言うそうです。

翻ってセラピストが個人で活動したり新たな事に挑むセラピストチームからそういった相談を受けたときに僕はどうしているか?

セラピストへのサポートで僕が大切にしている4つのことがあります。

一つ目はその可能性をセラピストと同じくらいに信じる「可能性への確信」。

二つ目はもし僕があなただったら?と本気で思った先に生まれる千の質問ならぬ「千の提案」。

三つ目は、んじゃまずはここからやってみます?といった「行動への背中押し」。

そして四つ目、軸がブレそうになる前に気づいてもらう「往復ビンタ」。

新しく常に挑戦していくセラピストに対して。
こちらだけ気持ちよくなって無自覚に相手を死なせていないか?
これは僕自身への往復ビンタです。

セラピスト自身もまた、クライエントの心や身体に向き合っていく中で大切にしていることがあるはずです。

年の始めにそれをシンプルに考えてみるのはいかがでしょう。(文責:谷口晋一)

【2018業界展望〜セラピストの学校 谷口晋一】

『セラピストとはこういった存在』という価値観や社会から求められるものが数年前と数年後とまるで違っている、そんな第2揺籃期の変わり目にいるのが今ですから。

皆さんにとっての2018年はどういったものになりますか?


★対峙すべき相手に真剣になってるか?
今年はベトナムという未知の土地でセラピー業の面々と出会ったり。まったく関わりのなかったジャンルのプロと出会ったり。

そんな中で誰もがキラリと目を輝かせる瞬間があって。それは対峙すべき相手(イチ個人)についての話をしているとき。

そんなとき僕自身も、
『いつも対峙する目の前の相手に対して真剣に向き合えているのか?』を考えさせられます。

例えばお客さまの属性や地域性、体質気質など色々ありますが。
枠組みから情報を詰めていってセラピーをしていく、といったこととは別の所に何かがあるということを気づかされる。

セラピストもひたすらシンプルに最小単位であるイチ個人への観察眼やアプローチのいっこ手前の視点を高めていく中で枠組みを見る。

やはりもっと対峙する相手の真ん中を見失ってはいけない。

セラピストの中にはそのことに気づくということは、当たり前と思っていた発想の一つを“壊す”ということでもあるのでシンドイっちゃシンドイのですが。(文責:谷口晋一)


★ やっぱそこは俺がやんなくちゃダメなんだと。
札幌から帰って。街並みが白くない朝を迎えてます。

どさんこセラピストFanFan倶楽部さん( https://facebook.com/Dosanko.serapisuto/ )などが中心となって様々なセラピストたちの交流を積み上げている北海道のセラピストたち。

今回、そんなセラピストたちとの忘年会以外にも合間を縫って色んなお立場、50人弱くらいの方と再会したり新たに出会って。

今後。共にビジョンを達成する様なセラピストたちがこれから僕に何を求めているのか?

セラピスト一人ひとりとのやりとりには直接的な答えもなく。また時間の経過と共に忘れていきます。

が、僕自身にとって流れと言いますか大きな方向性を確認できた時間でもありました。

一言で言えば、
『やっぱ“そこは”俺がやんなくちゃダメか』

言葉にするとネガティヴな響きですが決してそうではなくて、エネルギーチャージされる様な。心の根雪を溶かすかの様な。

どうするか?どう上手くやるか?といった方法や結果に固執して身動き取れなくなる前に。

やっぱそこは俺がやんなくちゃダメなんだと。(文責:谷口晋一)



★ この時期になるといつも業界展望を立てます。
この時期になるといつもセラピスト業界の展望を立てます。
ある意味、一人勝手なセラピスト業界展望なので特に誰かに正確に伝えたい!というものでもなく。

ただ僕の中で整理できますしなによりこの時期、忘新年会なんかで語ったり聞かれることもあって。セラピストの皆さんはどうでしょう?

まずは自身が携わるこのセラピスト業界の中で来年以降どうなっていくのか?といった予想を挙げていきます。

すると、僕の場合ですがキーワードだけがポツポツと出てきます。

『捨てる』とか『遺す』とか。
それをノートにババーッと書きなぐる。

それから「そう思った理由ってなんだろう?」と振り返ると、特定のセラピストたちが思い浮かんだり、広く社会の出来事や身近な他業界の動きを受け止めてることに気づきます。

となりますと、それが事象となって具体的にはこんな風になるんじゃね?というセラピスト業界展望に繋がってくる。

最後に業界のキーマンや歩みの長いセラピスト、他業界の人など。幾人もの人たちと語りながら検証していく。

そこでその展望が僕の願望だけの場合と全体の方向性を指しているものかも振り分けられてくる。

最後にその上で自身はどうするのか?という当てはめてのことも考えます。

でも「自分がこうしたい!」から発想構築していませんので、まぁ一人勝手な業界展望。

風が吹くから発電できるのであって発電するために風が吹いてる訳ではない。

。。なんじゃそりゃ。(文責:谷口晋一)

いよいよ明日は群馬での講座です。

今回は受講者と楽しみながら、というのが講師である僕自身のテーマです。

もちろんいつも苦しみながらか?と言えばまったくそうではありませんが。

今回は「受講者の中にあるものを引き出す」ための仕掛けがあり、講師から受講者への一方通行的なノウハウ提供ではないからです。

すでに長きに渡って活動しているセラピストはそのベースを元に方向性が定まっていきます。

しかし、スタートアップ段階のセラピストに対してはどんな絵をどの様に描いたらいいのか?の前に。

その手にあるパレットに、どんな絵の具が乗っているか?を整理して本人が自覚することこそが大切だからです。

それが分かれば今どんな絵を描き始められるのか?そしてこれからどんな絵を描いていくのか?を確信することができます。

それを見い出せたセラピストはしっかりと筆を走らすことができるようになります(文責:谷口晋一)

【群馬校】12月13日(水曜)『あなたらしく!輝く未来のセラピスト道を築く自分発掘講座』

★ 今でも人との関係性に苦しむ時には。

比較をしない。

理不尽を受け止める。

対立構造を作らない。

 

ずいぶん以前に手にした書籍にあった言葉だったかと。

ただ僕がサロンを運営していたり組織を作っていた当時、あんまりハラに落ちていなくて。

 

でも。組織の枠組みにとらわれず、目の前のたった一人の人に対してそれができているのかな?と意識する様になって。

 

はじめて沁みてきました。

 

今でも人との関係性に苦しむ時、大体この言葉の逆をしている自分に気づきます。

 

たしか書籍はまったく関係ないテーマで書かれていましたから不思議ですね。

 

今ではサロンオーナーやスクール運営者などその立場にある人たちへの支援もする様になりましたので、目の前のその人との関係性とその先にいる個々人との関係性に当てはめる言葉ともなってます。(文責:谷口晋一)


★気持ちよく『やーめた』と思ったのに。
セラピストの皆さんは何かを新たに始めようとするとき、どうでしょう?

コレならいけるかな?と思うと目の前に壁、そして壁。

難しいな、ホントに難しい。
あー上手くいかない。
ダメだよね、どう見ても。

また周囲からもそれこそまっとうな理由をいただくので、それで気持ちよくやめようとなる。ですが、

一晩寝ると。
朝から“やること前提”で考え始めている。。(これは僕自身のことなのですが)

気持ちよく『やーめた』と思ったのに、それをすっかり忘れてる。

そしてまた一人でうーん、うーんと唸ってる。

「諦めたことなど一度もありません!」とカッコつけたいですが本当のところは、
「諦めたことを忘れてしまいまして。」が正しい。

何もなかった所から何かを生み出す、そんなゼロイチ体験は決してスマートなものではなく振り切っても振り切っても浮かび上がってくる様なものと僕は考えてます(文責:谷口晋一)

今回の講座でのテーマは『自分発掘』。
そのために9つの軸を挙げて掘り下げる事をしていきます。

本当は一人でできてしまえばそれに越したことはありません。

ただ、僕自身を含めて一人自分で自身の中にあるものを掘り下げる作業というのはなかなか大変です。

少人数講座の良い所はその空間や他人の力を借りて不明確なものを自ら気づけるということ。

実は何年も活動しているベテランセラピストたちも見落としたり忘れてしまってている9つの事。

もちろんそれ一つひとつにテンプレート化できる様な正解はありません。

自分の中に浮遊しているものを捕まえて整理して、明確な優先順位とそのための具体的にアドバイスできればというのが目的です。(文責:谷口晋一)

【群馬校】12月13日(水曜)『あなたらしく!輝く未来のセラピスト道を築く自分発掘講座』
1  2  3  >  >>