〜 サロン経営・スクール運営&講師活動・出張&イベントノウハウ・ブランディングからブラッシュアップ、広告やネット戦略、税・法務等周辺知識まで。
今、あなたに必要な「学び」と「出会い」がここに。 〜
〒 470-0155
愛知県愛知郡東郷町白鳥4-2-1 押草407-108
  1. 谷口校長コラム
 

谷口校長コラム

2014/08/17

一つのパターンでの集客活動がなかなか反応を得られていない中で。

私たちセラピストが意識する点の一つに、選びの多様性というものがあります。

お客さまの立場で見ますと。
自分が求めるものや、なんとなく求めているけどまだはっきりしていない状況では、色々な選択肢があることが《とりあえずの安心感》につながっています。

そのステージをこちら側でちゃんと用意できているか?が集客活動の大事なポイントです。

確かに反響があるものや効率的なツールなどを見聞きすると、そこにフォーカスしがちです。

しかし初めは良くても、それですと知らぬ間にその選択肢から外されてしまう。

セラピストが活動していく上ではじめにコンセプトを固めておくというのは、そんな理由もあるのです。

【群馬】3月15日(水曜)『自分カラー発見&オンリーワンオーナーのためのコンセプト構築講座〜オープンコンサルティング』

【facebookイベントページ】


『今年は新たにやろうとしていることがあるんです』

地域が離れていても立場や携わるジャンルが違っていても、なぜかそんな言葉を耳にする機会がとても多い2017年初めです。

これからの期間、自分の中でターニングポイントとなるとお考えの方へのレクチャーやサポートの中で話すこととして、

《やってきたことをそのまま出してはいけない。》
ということがあります。

つまり様々なアレンジ力が必要ということです。

群馬でのワンディの講座もまさに依頼されたベーステーマは、アウトプットの際のアレンジ力を身につけたいということに繋がります。

自分としてのカラー(特色)を見出し、周囲との違いとしてのオンリーワンとなるためのスパイスを知り、そこからアウトプットするためのコンセプト(枠組み)を生み出す。

このことは、たとえ地域が離れていても立場や携わるジャンルが違っていても。共通することなのです。

【群馬】3月15日(水曜)『自分カラー発見&オンリーワンオーナーのためのコンセプト構築講座〜オープンコンサルティング』

【facebookイベントページ】

かれこれ18年ほどお世話になっているサロンオーナーは私と同い年47歳男性。

先日お邪魔した際に話題となったのが、
『攻めと守りのせめぎ合い』

今ここで攻めるぞ。という気持ちと守りをしっかり固めなくちゃ。という気持ち。

それが半々となって自分の中で毎日ころころ変わる。そんな話題でした。

それが年齢や性別からくるものなのか?
はたまた自分のポジションからなのか?はわかりません。

ただ周囲を見渡すと結構そういう人に出会うよね、と。

サロンオーナーがポツリと、
『色んなこと知っちゃってるからねぇ』
なんて。

知っちゃってるからこそ攻めたいし守りたい。
そして決断できていない自分に一番自分がイラついたりする。

キャリアを積んでいくというのはそういうことでもあります。

特にコンサルティングを経営者という立場の方に対してするときに伝えることがあります。それは、

たとえ第一歩の決断が遅かったとしても。
それからの攻守の切り替えの早さこそが強みとなる、と。

なにせ色んなこと知ってますから自分の中の答えを導き出すことさえ出来るようになれば、決断は自ずと早くなるものです。(文責:谷口晋一)



群馬で開催される講座で、皆さんへの最初の問いかけはなにか?と言いますと、

「これからあなたはどうしていこうと思ってます?」

日々の活動の延長線上ですと近視眼的な答えをつい、イメージしてしまうかもしれません。

けれども。“身近な非日常”でもある講座ですから、ここでは大局観的な視点と複視眼的になる感覚を伝えつつの学びとなります。

いくつもの実例や社会の流れ、各々の携わる業界のスタンスなど。そして本人の置かれた環境や現状も。

色んなものが入り混じっての、これからですから。

自分のカラーを発見するためのアセスメントなど。

“身近な非日常”でもある講座など学びをするのはとっても大切です。

【群馬】3月15日(水曜)『自分カラー発見&オンリーワンオーナーのためのコンセプト構築講座〜オープンコンサルティング』

【facebookイベントページ】


『自分で自分の期待に応えつつ、時に折り合いをつけていく』
これは僕が大切にしてる感覚です。

思い起こせば。自分への期待値が高すぎてそれに応えていない自分に常にイライラしていた時もありましたし、期待値が低すぎてただ時間だけが過ぎている時もありました。

またそのまま周囲への期待が高すぎたり低すぎたりして苛立ちにつながったり、発展性に欠けていたり。

セラピストを見ていても。
その辺りの適正値を保っている人は間違いなく周囲からは評価されてます。

ちなみにこれはプライベートでもまったく同じで。

家族にはまずは自分への期待を適正に保ちつつ、時に折り合いをつけ、応えていく生き方をしてほしいなと思いますし、

「親の期待をそのまま子どもたちに転化しちゃいけないよね」と妻とも話します。

ですので。まずはこの自分の中での期待と折り合いをつける感覚が適正ですと。

自分にも周囲にも優しくなれるということで(笑)
文責:谷口晋一

『セラピストは一生の仕事〜心づよいミカタとなるセラピスト・シェルパ30』が書籍発刊されて2ヶ月。

自身としては4回目の発刊ですが、回を重ねるごとに発刊直後の派手な記念イベントなどはなくなり。。

それでも時々「読みましたよ!」という言葉をもらえるとすごく嬉しいものです。

『セラピストは一生の仕事』というタイトルの通り、18年ほど前に縁あって関わったセラピスト業界ですが、まさか僕自身“こんな展開”になるとは思ってもいませんでした。

抗い様のない時代の流れと、身近な周囲との関わり、そして自らの意思と行動とが入り混じっての今。

ある意味執筆というのは、『自身が見る半年から数年先を文字にする』というメッセージ性も含まれます。

これからの時代を生きるセラピストたちには、書籍に挙げた様なシェルパ(内外の業界支援者)との積極的出会いや、たゆまない変化に対応する姿勢は大切にしてほしいとの願いが込められています。

ですので、発刊した価値がどうだったかは近々の販売実績と同時に、読み手一人ひとりの中に浸透させていく時間も必要。

そのためにまだまだやることがあります。

また見方によっては。
セラピストでない多くの専門的職業にあっても当てはまるテーマとなるかもしれません。

【新刊紹介&製作秘話『セラピストは一生の仕事〜心づよいミカタとなる、セラピスト・シェルパ30』】



コンセプトという単語。
色んな場面で使われます。

特に企画を練る場面であったり、マーケティングに関する仕事をしている人などがよく使う単語かもしれません。

発信する側にとっては便利な単語ですが、意味の捉え方を間違えるとズレていってしまう、そんな単語でもあります。

僕は二つの意味を併せ持たせて伝えるようにしています。

その二つとは、概念と構想。

概念とは全体の元となるおおまかな考え方で、構想とは実現に向けた考えの組み立て。

コンセプト構築とは、その二つを同時に考えていく機会です。

もしあなたの周囲でコンセプトという単語が飛び交うようなら。

「そもそもそれってどんな風に捉えてますか?」と聞いてみるといいです。

【群馬】3月15日(水曜)『自分カラー発見&オンリーワンオーナーのためのコンセプト構築講座〜オープンコンサルティング』

【facebookイベントページ】


「すべてではないが、一つひとつの選択と決断は間違っていなかった。」
そういった感覚を持ち続けながら歩む。

「すべてではないが、」

この言葉こそがキーポイントだと感じてます。

これが
「すべてにおいて、一つひとつの選択と決断は間違っていなかった。」となりますと。

途端に違った意味合いとなる。

すべてではない、という言葉の裏にある“思った通りにいかなかった現実”に対して。

蓋をするのか?
そのままにしておくのか?

僕の場合前者ですと、いつまでたっても塞いだ蓋が気になっちゃって。

押さえつけてるのって結構シンドイんですよねぇ。

「すべてではないが、一つひとつの選択と決断は間違っていなかった。」

これからもそういった感覚を持ち続けながら歩みたいものです。(文責:谷口晋一)

講座やセミナーなどで講義する際に講師と受講生との間に微妙な空気の差が生まれるケースがあります。

それは、講師と受講生のそこに向かう温度差からきています。

大抵、講師は繰り返しその講義をしている場合であったり、相当の準備をしていますから“一定の高温状態”。

一方で各々受講生にとっては、受講する動機もそこに至るまでの道のりもバラバラ。

ですからまず講師は
・講師と受講生との間
・受講生同士の間
に流れる温度差をいかに縮めるか?を最初に意識せねばなりません。

それを私は【空間ラポール】の生み出し方として伝えています。

残席4!【名古屋】2017年2月10日(金曜)「プロフェッショナルのための講師一日集中講座〜オープンコンサルティング」

残席2!【渋谷】3月11日(土曜)「プロフェッショナルのための講師一日集中講座〜オープンコンサルティング」


2012年に発刊した『オンリーワンのセラピストになる!』(BABジャパン)でも時々耳にしましたが、

【オンリーワンになる=人がやっていないことをする】
という構図。

実はコレ。僕の中ではイコールではありません。

取り上げたセラピストたちも、また全国にいるオンリーワンなセラピストたちも。

結果的に周囲から「ありそうでなかったよね」と言われていますが、初めから「人がやっていないことをしよう」とは考えていません。

今自分が、
・誰に何をどうしているのか?
・それが社会にどうインパクトを与えるのか?

そうなるために今何をして何をしないのか?

そんなエッセンスを加え続けるのが絶妙で、オンリーワンとなるためにはそんなスパイスが必要と思います。

そんな学びには新たな展開が待ち受けていますから。

【群馬】3月15日(水曜)『自分カラー発見&オンリーワンオーナーのためのコンセプト構築講座〜オープンコンサルティング』

【facebookイベントページ】
1  2  3  >  >>