〜 サロン経営・スクール運営&講師活動・出張&イベントノウハウ・ブランディングからブラッシュアップ、広告やネット戦略、税・法務等周辺知識まで。
今、あなたに必要な「学び」と「出会い」がここに。 〜
〒 470-0155
愛知県愛知郡東郷町白鳥4-2-1 押草407-108
  1. ★ セラピストが人前で話す様になる理由
 

★ セラピストが人前で話す様になる理由

2015/02/15
今後、個人セラピストたちがより人前で話す様になるだろう、と考える理由。

セラピスト業界の波という視点からでもそれが言えます。

揺籃期。1985年ころ〜
学ぶ人も少なく、学ぶジャンルも数限られる。
複数人の前で話す、教えるというより徒弟制。
師匠と弟子の関係から技術を深めて世に広めるための種火の役目が中心でした。

成長期。1992.3年〜
ネームバリューがあり、スケールメリットを狙う大手団体が沢山の人を集める仕組みが中心の中で、揺籃期で弟子として学んだ人がベテラン講師やカリスマ講師として人前に立つ。
またインストラクターの過度な増員も。

成熟期。2009年ころ〜
学ぶ側のリクエストが多岐に渡る多様化が顕著になり、ネームバリューのあるスクールであっても苦戦する。そんな中で細かなニーズに対応したり、共に学び合う、といったシェア発想のあるスクールや団体が生まれる。そこで特定の分野に長けたセラピストの発信(セミナー、ワークショップ、イベントコミュ)などが至る所で行われる。

だからこそ。
どんなセラピストであっても人前で語れるスキルは身につけておきたい、そう思うのです。(文責:谷口晋一)


【千葉校オープンスクール】3月6日(金曜)「セラピストのための話し方講座〜あなたの魅力を活かす講師術」