〜 サロン経営・スクール運営&講師活動・出張&イベントノウハウ・ブランディングからブラッシュアップ、広告やネット戦略、税・法務等周辺知識まで。
今、あなたに必要な「学び」と「出会い」がここに。 〜
〒 470-0155
愛知県愛知郡東郷町白鳥4-2-1 押草407-108
  1. セラピストのためのコーチング活用術〜塚田康祐

セラピストのためのコーチング活用術〜塚田康祐

コーチングは実践できてこそ。セラピストであってもそれは同じことです。

セラピストのためのコーチング活用術〜塚田康祐

◆ご購入はこちらから◆

 

定価7,500円

サイトリニューアル

 特別価格:4,500円+税

指導:塚田康祐

インタビュアー:谷口 晋一

収録時間:約60分
【塚田康祐 プロフィール】

日本メンターコーチ協会代表。中小企業診断士。サポルテ代表。プラット22代表。

コンサルタント、研修講師を経て、目標達成を支援するビジネスコーチとして仕事を展開中。

日本にコーチングが入ってきた当時からコーチングの学びをはじめ、主に企業や官公庁に対して研修講師を務める。

『キャリアアップしたい方が、いつでも気軽に毎日楽しく学べる場所』プラット22を立ち上げ後は、個人事業主やセラピストに対してもコーチングを教え続けている。






セラピストにとってお客さまとのコミュニケーションは、ただ仲良く親しげに語り合うということではありません。
時にただじっと傾聴し、時に導き、時に受け入れる。

そのプロコミュニケーションはどんなジャンルのセラピストであっても必要不可欠なスキルと言えます。



傾聴、質問、承認。
その分野のプロフェッショナルといえばコーチです。
ずいぶん日本においてもコーチの存在は知られるようになりました。

そこで今回は、日常生活上のコミュニケーションや専門コーチのコーチング力ではなく。
セラピストに特化したスキルを伺おうと。


日本メンターコーチ協会代表の塚田さんは、コーチングは実践できてこそ。と事あるごとに言っています。
ここでもまた、セラピストとしての活動の中で実践的に活用できる質問力についてアドバイスくださっています。

皆さんは常に意識してお客さまとやりとりできているでしょうか?

ただ会話が続けばいいのではなく、お客さまとの深い関係構築の第一歩としてコーチングの質問力は様々なシーンで活用可能です。

皆さんは常に意識してお客さまとやりとりできているでしょうか?

ただ会話が続けばいいのではなく、お客さまとの深い関係構築の第一歩としてコーチングの質問力は様々なシーンで活用可能です。

皆さんは決断するときに自ら問いかける術をもっていますか?

いつも周囲に相談するのではなく、自ら決断できる状態となるセルフコーチングはセラピストを大いに助けます。

それはこのDVDで。

収録内容
対談編 〜谷口校長×塚田康祐 スペシャル対談〜
●セラピストが今必要とされるコミュニケーション力とは?

●コーチングとはどういうものか?
〜コーチングとは未来を向かせるためのもの

●専門コーチではないセラピストがお客さまとの関係を深めるためのスキル

●サロンワークから想定されるコーチング活用術

●セラピストが活用できるコーチングクエスチョン(質問法)とは?
→オープンクエスチョンとは?

→クローズクエスチョンとは?

二つの質問法を使い分けてこそセラピストのコミュニケーション力が向上する

●セルフコーチングとは?
セラピストは色々なシーンで決断しなくてはいけないことがある。
決断を即するために必要なセルフコントロール方法がある。


●塚田康祐さんからのメッセージ
 
仕様】
収録時間:約60分 定価7,500円   

サイトリニューアル特別価格 4,500円

 

*サイトリニューアルキャンペーンにつき、今なら送料無料!!

申込ページはこちら⇒ スペシャルアドバイスDVDシリーズ申し込み