〜 サロン経営・スクール運営&講師活動・出張&イベントノウハウ・ブランディングからブラッシュアップ、広告やネット戦略、税・法務等周辺知識まで。
今、あなたに必要な「学び」と「出会い」がここに。 〜
〒 470-0155
愛知県愛知郡東郷町白鳥4-2-1 押草407-108
  1. 谷口校長コラム
 

谷口校長コラム

2014/08/17

『 教えるものが一番教えられる』
これはよく言われることです。

確かに教える立場ともなれば事前準備をしますし、その場での関わりなどを通して生徒側より学ぶことが多いかもしれません。

でも今まで僕にとって。
別の意味で“教えられる瞬間”というのが沢山あったと思うときがあります。

それが、自分の元を離れていった人たちを思うときなんです。

離れていった一人ひとりの理由や距離感について、決してひとくくりにはできません。

でもどんなシーンにおいても“自問自答を繰り返す”。
これについては今も昔も変わらなくて。

教え方だったのか?
伝えたテーマだったのか?
関わり方だったのか?
学びの環境だったのか?
僕自身だったのか?

しかし、その自問自答が終わるときがあります。

それは自分の中に「この出来事が互いの自立や飛躍のきっかけとなる」と腹に落とし込むことができるようになって、なんですが。

つまり、初めは相手からの求めを受け入れ。
一方で離れていく(自立)様に導いていく。

そんな二律背反的な立ち位置は常に胸に留めておきたいですし、これもまた教えるものの宿命なのでしょうね。(文責:谷口晋一)


どんなセラピストであっても。
アプローチスキルであるセラピーを学び始めたときには基本から学ぶのではないでしょうか?

そしてプロフェッショナルとなり、実践する日々が続くと。
どうしてもつい応用や展開にばかり意識がいってしまいます。

はじめはいいんです。
どんどん自分が成長していることを実感できるので。

しかし、ある程度のキャリアを積んできますと。

途端に頭打ち感が出てくる。

長きに渡ってセラピストとして活躍しつづけているセラピスト〜ロングライフセラピストにインタビューすると必ずと言っていいほど、あることを言われます。

『無意識に基本に立ち戻れるセラピストは少ない。だから基本に立ち戻れる様日々意識する。』

それこそが長く続けるポイントだと。

【セラピストのための触診術〜セラピストの手をつくる】

『この内容はいじっちゃいけないと所属団体に言われているから』と与えられたものを丁寧に伝える。

しかしなぜか受講者と一体感が持てない。続かない。

セラピスト講師が陥りやすいポイントとしてよく挙げられることです。

でも所属団体の方針やそのコンテンツ(講義研修内容)を責めてはいけません。

たとえオリジナルのものでなく、所属している団体指定のものであっても。
また何度も繰り返しているようなコンテンツであっても。

受講者は冷静にみています。
講師自身、自分の中に落とし込めているか否かを。
そしてそれをその場にいる人のためにアウトプットできているか?を。

やはり準備してきたものを超えて提供することはできません。

まさにそれは毎回毎回の真剣勝負なのです。

【札幌校特別講座】6月14日(火曜)「イチからはじめる!実践研修&プロ講師術〜オープンコンサルティング付き少人数講座」

【広島校特別講座】7月29日(金曜)「イチからはじめる!実践研修&プロ講師術〜オープンコンサルティング付き少人数講座」

【山口校特別講座】9月14日(水曜)「イチからはじめる!実践研修&プロ講師術〜オープンコンサルティング付き少人数講座」

★ “内面の変化を提供できる人”になってほしい。
今日、僕の仲間が
『キレイを楽しむ姿勢をつくる〜人生を楽しむカラダとココロをつくる場所。』

というコンセプトのスペースをオープンしたとのことで、顔を出してきました。

彼との出会いは、僕が理事をしているNPOのパーティーでして。

それがご縁で限られた回数のサポートの中でいくつかのきっかけを生み出し、時に自ら実験台となって全身霜降り状態の身体も整えてもらい。

それからは少し離れた所から彼の活動や成長を眺める。

そして新たなステージという離陸を喜ぶ。

僕個人がどういうテーマをもって彼と関わってきたか?それは、

“内面の変化を提供できる人”になってほしい。

不安や戸惑いを隠しながらも元気に生きようとしている人は世の中に沢山います。

その表面的な元気さと現実感を埋める作業はまさに自らの内面の変化と切っても切れない。

彼にはその変化を提供できる人になってほしいなと。

なによりそれは、彼自身が今こうして乗り越えてきたことでもあるから。

あとはどんどん彼には羽ばたいてもらって。

逆にこれからは僕自身が『彼の歩みは自分のおかげ』という驕った思いとならぬよう、イチ仲間として関われたらと。(文責: 谷口晋一)


何かを始めるとき。
テンションもあがるし準備も完璧だ。
コレ絶対いけるわ、よしやるぞ!

でも。。思ってた反応とまるで違うぞ。

実は周囲、特に本人を知る身近な人からしますと。
…戸惑いでしかなく。

まるで何を思ったか、さっきまで真顔だった隣の人がいきなり楽しそうに踊り始める様なものです。

なので最初は変わり者でしかない。

しかしそこで踊りをやめちゃいけない。
(そこでやめたら本当に変な人で終わりますから!)

ずーっと踊り続けるんです。
それも本当に楽しそうに。

すると、その姿を不思議がり一緒に踊り始める人が現れてきます。

そんな“続変わり者の人たち”と一緒に踊ると、最初に踊り始めた本人は楽しさ倍増です。

そして徐々にその輪が広がってきます。

規模とか効率とか数字とか。
そのあたりのことは後付けです。
楽しく踊るのは理屈なんかじゃない。

人が集まらないからできないんじゃない、“自分一人でも楽しく踊れる”かが大事なんです。(文責:谷口晋一)


私自身も講師を続ける中で、
…やはりどれだけ準備しても満足しきれるものではありません。

またいくら作り込んだテキストなどがあったとしても、それがそのまま評価には繋がりません。

しかしその講義(現場)でふと出た言葉、質問への対応など。

いい意味で思ってもみないアクションとなることがあります。

それは苦し紛れ?の対応ではなく、繰り返しのリハーサルなど地道な準備からくるものだと後になって気づくのですが。

講師にとって、その模索していくプロセスが何か?を学ぶ機会があまりにも少ないのです。

【札幌校特別講座】6月14日(火曜)「イチからはじめる!実践研修&プロ講師術〜オープンコンサルティング付き少人数講座」

【広島校特別講座】7月29日(金曜)「イチからはじめる!実践研修&プロ講師術〜オープンコンサルティング付き少人数講座」

【山口校特別講座】9月14日(水曜)「イチからはじめる!実践研修&プロ講師術〜オープンコンサルティング付き少人数講座」

プロステージ。つまり、一人ひとりに声をかけ、個々人が受講するスタイルの講座はなかなか人が集まらないと言われます。

・個人だから財布の紐がきつい
・受講レベルがバラバラだから
・日程があいにくいから

そんな理由を語るセラピストもいますが、そこを理由にしていては何も始まりません。

実はこのプロステージでの講座の集客については原理原則があるのです。それは、

『参加する人の想いは一つではない。』

たとえば。“講義テーマだけ”で人が集めようと必死にそれを伝えても、反応はどうしても薄い。

受講者がどんな所に価値を見出しそうか?

そこを徹底的にあぶりだし、そこに届くアプローチを複数持っておくこと。

セラピストが講師の仕事をする大事なポイントとなります。

【札幌校特別講座】6月14日(火曜)「イチからはじめる!実践研修&プロ講師術〜オープンコンサルティング付き少人数講座」

セラピストとして歩むために必要なもの。
それは、なんといってもクライエントにアプローチするためのスキルです。

それは資格であったり、技術、スキルなど様々です。そこで大事なことは、
それがクライエントへの重要なアプローチの一つとなるという事実。

ですからその技術習得にまずは全神経を集中させて取り組んで欲しいわけです。

そしてそれを習得した後に。
セラピストとして活動していくために、また別の視点と行動が必要になってきます。

しかし独立開業や新規集客など、様々なスタートアップセミナーには意外と人が集まりません。

ではなぜ、技術習得したばかりのセラピストの多くが足を運ばないのでしょう?おそらくその理由の一つが、

『何を聞いていいかさえわからない状態』だから。

ですから特に。
レクチャーはそこそこにしてでも、一人一人のステージに立った実践アドバイスが必要なんです。

【渋谷】7月9日(土曜)『実践アドバイス付き!資格を取ったらまずやる!〜3つのこと』&お茶会

セラピストとして活動する中で。
あなたが提供できるセラピーの特徴を全体的なものとして書き出してみることは、とっても大切です。

一般的なマーケティング発想ですと、売り(メリット)を書き出す。というものでしょうか。

書き出すことによってそれが主観だけの一方的なものなのか?客観的なものなのか?が見えてきます。それが書き出すことの意味です。

全体的なものとして書き出してみるポイントもあって。
とりあえず三つほど挙げてみますね。

1.セラピーそのものの特徴
いわゆるマーケティング用語で言うと商品メリットというものです。あなたの提供セラピーから比較的近いセラピーがきっとありますから比較として書き出してみます。

2.クライエントにとっての特徴
クライエントニーズ(潜在的欲求)と言ってますが、最初から自分の欲求が明確になっているクライエントは多くありませんから。それを書き出してみます。

3.事実としての特徴
そのセラピーを利用したクライエントがどんな変化があったのか?を事実として書き出してみます。いわゆるお客様の声であるとかセラピー後の明確な変化(数値など)です。

以上の三点だけでも書き出してみると、あなたが提供できるセラピーの全体的な特徴が見えてきます。

それが結局の所お客様(クライエント)を引き寄せるキーワードとなるのです。

【群馬校】6月1日(水曜)『お客様を引き寄せる☆サロン経営 集客活用セミナー&グループコンサルティング』

★ それは手柄じゃなくて恩返し。
BABジャパンさんから発刊された『セラピストの手帖』。先週編集部から
「重版となりました」と連絡が来ました。

初版は2014年12月。なんてジワリジワリな売れ方なのでしょう(苦笑)

しかしこれだけ日々本が生み出される中、しかもセラピスト業界というニッチな業界の中での重版。

発刊されてすぐの瞬間増刷ではない、この事実を噛み締めてます。 

つまり“最初から重版ありき”でなく、たとえ期間がかかったとしても社会から評価された一つの形であるので、
著者としてはやはりとても嬉しいものです。

ただ一連の流れでもっとも評価されるべきは、著者よりもやはり出版社含めた関係者でしょう。

また特に本書は僕は監修者という立場で関わってくださった方がとても多く、その想いはひとしおです。

商業出版〜出版社の決断やそこまでに至る関係者の努力がなければ現実のものとはなりません。言い換えれば、

初版はその書籍テーマと著者に対しての投資。で、出版に至る。

内容云々でなく、著者となれば意味もなく?チヤホヤされるこの国において。
その陰でたゆまなく関係者によって営業活動がなされていく。

そしてその投資が間違いでなかったという結果となって表れるのが…重版出来。

ですので。著者の立場からすれば感謝以外になく。
「よくぞ、僕という訳のわからんニンゲンに投資してくれまして」…みたいな想いもあり。

つまり重版出来を、著者の手柄みたいにしちゃいかんのです。

関わってくれた人たちにほんの少しだけでも恩返しできたかな?というのが本当の所です。


セラピストとして事業活動をしていく。

活動していく上でその土台となるものを一度作ったらそれで大丈夫か?と言われれば、やはり否です。

ただ。
今までの自分が築き上げてきた土台を壊すという行為は大変ですし、できれば今のままがいい。と思うのもある意味当然。

でも。
社会が求めるものと自らのセラピースタイルがずっと合致し続けているか?と言われるとやはりそうではありません。

少しずつ少しずつズレてくる。

そんな社会との微妙なズレは当の本人は気づけません。

やはり目の前の反応や数値としての結果に安心してはいけないのです。

【東京 麹町】6月2日(木)お客様に選ばれるオンリーワンに!事業の土台づくりとWeb集客の基礎1日集中講座

★ツカエゴト〜自ら仕事を創る〜
この世を見渡してみますと常にその場面場面において。

個人セラピストであろうとスタッフとして活動しているセラピストであろうと。
自ら仕事を創るという発想が益々求められるし、必要になってくるのかな?と思います。

これは決して収益率の向上だとか新規事業化したとか、起業したというような実現ベースではなく。

発想としての、それ。

そこで、「自らが仕事を創る発想」ってどんなんだろう?と。
ボケーっと考えてました。

仕事という文字を分解すると、ツカエル+コトですから、つまり。

徹底的に何かに仕えるという先にある発想かもしれないぞ?と。

なんでもいいので、何かに仕える。
それこそ必死にその対象の事を考え、そこに仕える自身を俯瞰する。

状況に応じて対応も変われば優先順位も変わる。

今まで当たり前と思ってやってた(やらされていた)事よりも、コレやった方がいいんじゃね?というのが見えてくる。

◆◆◆◇◇◇ ◆◆◆◇◇◇
結局のところ。
自らが仕事を創る発想というのは。

それまでの実績や、周囲の人脈や、人としての活発さとは別の所にある。

徹底的に何かに仕える事があったときに生み出される発想なのかもしれません。

ツカエゴト。

それが自身の中にある人は、ある意味とってもシアワセな時代になるのかもしれませんね。(文責:谷口晋一)


★ セラピストが今まで蓄積してきたものを発信できるインフラを新たに構築する。
年の初めのこと。
『セラピストが今年一年どんなビジネスフィールドに注目していけばいいのかな?』と予想してました。

出てきた答えの一つが、
良質なコンテンツと適切に選択されたインフラ構築』をセラピストであってもまず初めに有しておくべきだろうと。

つまり。セラピストとして発信できるものをどんどん高め続け、それを必要としてくれる先にしっかり届かせるための流れを作っておく。

それも今あるものだけでなく変化に応じるためにいくつか。

では僕自身はどうなんだ?

ということもあり、今まで蓄積してきたものを発信できるインフラを新たに構築をするべく、
プロからの提案を元にしたファーストアクションがこれ。


ご覧いただくとわかると思いますが…まだまったくの予告段階。

…つまり。どうなるかわかりません(苦笑)

でも、セラピストにとって有益なインフラとなるのでは?いや。しなければと考えています。

コンテンツそのものに興味をもったセラピストだけでなく、
良質なコンテンツと適切に選択されたインフラ構築』を最近意識している。

そんなセラピストはぜひチャンネル登録ボタンを押してくだされば、このチャンネル内で僕の知りうる事をどんどん情報提供していこうと思います。

【i.V.S ch 〜individual strength channel 予告編】
https://youtu.be/TkW5YAyBNxk


★ “日常に限りなく近い非日常”
僕は普段から何気ない非日常。というのにとても価値を見出しています。

利用する側としても提供する側としても。

セラピストが提供するセラピーを考えた時に。

それが、ボディケアであっても心のケアであっても。

クライアントにとってそれは日常でなく、
“日常に限りなく近い非日常”ではないか?と思うことがあります。

口コミというアクションをとる人を観察しますと、その辺りを伝えています。

どんなに繰り返し利用いただいているクライアントであっても。
その人にとっては特別な時間なのだ、という感覚をセラピストは失ってはいけない。

ちなみに。
なぜそんなことを思ったかと言いますと…

プライベートでこんな“何気ない非日常”を体験したからなんです。


★ 変化に耐え、変革を起こし、新たなステージを生み出す。
携わってずいぶん経つ、セラピスト業界。

今僕がテーマとしているのが、
10年20年と活躍できるロングライフセラピストのあるべき姿を伝え続け、育成する』というもの。

長いスパンで活躍し続けるプロフェッショナル(僕はロングライフセラピストと命名してます)の存在をしっかりと見ておく。

すると成長期から成熟期に移ったこの業界にあって。
変化に耐え、また変革を起こし、新たなステージを生み出すことができると思うからです。

〜ここからはお知らせも含まれます〜
そんなニッチな世界にあってそこにフォーカスしているメディアの一つにBABジャパンさんがあります。

そこで発刊している隔月刊『セラピスト誌』は、多くのセラピストにとって有用な記事が掲載されています。

僕がこの雑誌を発刊している出版社とご縁が繋がったのはずいぶん昔のこと。

時々は記事を寄稿したり、特集テーマに沿ったセラピストたちをお繋げしたり。

そんな隔月刊『セラピスト誌』創刊15年を記念しての読者感謝企画が7月24日に予定されています。

テーマは『5年後、10年後に、セラピストとして活躍するために』

前述しましたが、ロングライフセラピストのあるべき姿を伝え、育てようとしている僕にとっては、対談の講師の一人として声かけていただいたのはありがたくもあり、また何かのご縁だなぁと。

【開催日時】 7月24日(日曜)10時〜18時
【会場】 シダックスホール6F Dホール(渋谷駅徒歩5分)
【参加費】3000円+税(セラピスト誌6月号購入特典)通常8000円+税
【定員】190名
【主催】BABジャパン『セラピスト誌』
【申込方法】
セラピスト誌6月号綴込み専用ハガキにてお申し込み

セラピスト誌6月号は『セラピーライフ』から注文できます。

また詳細固まりましたらこの場でもお知らせしますが、まずは第一報をと。

アピールべたと自覚しているセラピストたち。

その理由の一つにあるのが、集客など“逆算してのアクション”が苦手ということが挙げられます。

しかしこと施術やセッションでは。
『この人の状態がこうなったのには○○や△△が影響しているからだろう。ならばまず…』

と、深みのあるセラピーができるのにも関わらずです。

やはり自分のアピールとなるととたんに発想やアクションがぎごちなくなってしまう。

オープンスクールやマンツーマンコンサルではセラピーのステップ同様とても大切な、
『自分を知り伝える』をしっかり掴んで欲しいと願っています。

【山口】5月18日(水曜)『アピールベタなセラピストのための自分カラー発見&活用講座』

【広島】5月19日(木曜)『アピールベタなセラピストのための自分カラー発見&活用講座』


講師として活躍している人は、間違いなくこの2点が優れています。それは、

コンテンツとフロー。

コンテンツとは講座や研修の中身そのもの。

陳腐化されたものや参加者誰もが知ってる内容でしたら、講師としての評価は上がりません。

ですからそのコンテンツが参加者にとってどう価値あるものか?を明確にしなくてはいけません。

そしてもう一つがフロー。
その講座の流れ、です。

これは同じテーマであっても場所や時間、参加者が変われば毎回変化します。

スタイル(レクチャー型やワークショップ型など)などでイメージできるプロセスもありますが、
講座を進めていく上での流れやその空気感を掴めている講師は評価されます。

この二つについては、意識しつつ基本を押さえ、日々積み上げていくものなのです。

講師は勢いだけでしてはいけないという理由の一つです。

【札幌校特別講座】6月14日(火曜)「イチからはじめる!実践研修&プロ講師術〜オープンコンサルティング付き少人数講座」

★ その人のイメージに参加する。
あれ?このことってあの人も言ってたなぁ。

短い期間でまったく別の人から自分に対する同じ様なコメントが寄せられるってこと、ありませんか?

例えば
「谷口さんって○○ってやってなかったっけ?』とか
『この前知り合った人と話してたらね、』とか
『あれって今でもやってる?』とか。

それには共通点があります。それは、

自分の知らない所で、その人たちのイメージに参加している。ということです。

『○○について話してたら谷口さんの顔がふと浮かんだ』というように。

それをたまたま連絡を受ける形で耳にする。それも別の所から同じ様なタイミングで。

その電波はしっかりキャッチしておきたい。

特に裏付けとかはないのですが、他人(それも複数)のイメージに浮かぶというのは、自分に対して大きな可能性を秘めているのではないかと。

そんなときは躊躇してはいけませんね。
いけるところまでいったれ。という感情が湧いてきます。(文責:谷口晋一)