〜 サロン経営・スクール運営&講師活動・出張&イベントノウハウ・ブランディングからブラッシュアップ、広告やネット戦略、税・法務等周辺知識まで。
今、あなたに必要な「学び」と「出会い」がここに。 〜
〒 470-0155
愛知県愛知郡東郷町白鳥4-2-1 押草407-108
  1. 谷口校長コラム
 

谷口校長コラム

2014/08/17

いよいよ明日は群馬での講座です。

今回は受講者と楽しみながら、というのが講師である僕自身のテーマです。

もちろんいつも苦しみながらか?と言えばまったくそうではありませんが。

今回は「受講者の中にあるものを引き出す」ための仕掛けがあり、講師から受講者への一方通行的なノウハウ提供ではないからです。

すでに長きに渡って活動しているセラピストはそのベースを元に方向性が定まっていきます。

しかし、スタートアップ段階のセラピストに対してはどんな絵をどの様に描いたらいいのか?の前に。

その手にあるパレットに、どんな絵の具が乗っているか?を整理して本人が自覚することこそが大切だからです。

それが分かれば今どんな絵を描き始められるのか?そしてこれからどんな絵を描いていくのか?を確信することができます。

それを見い出せたセラピストはしっかりと筆を走らすことができるようになります(文責:谷口晋一)

【群馬校】12月13日(水曜)『あなたらしく!輝く未来のセラピスト道を築く自分発掘講座』

★ 今でも人との関係性に苦しむ時には。

比較をしない。

理不尽を受け止める。

対立構造を作らない。

 

ずいぶん以前に手にした書籍にあった言葉だったかと。

ただ僕がサロンを運営していたり組織を作っていた当時、あんまりハラに落ちていなくて。

 

でも。組織の枠組みにとらわれず、目の前のたった一人の人に対してそれができているのかな?と意識する様になって。

 

はじめて沁みてきました。

 

今でも人との関係性に苦しむ時、大体この言葉の逆をしている自分に気づきます。

 

たしか書籍はまったく関係ないテーマで書かれていましたから不思議ですね。

 

今ではサロンオーナーやスクール運営者などその立場にある人たちへの支援もする様になりましたので、目の前のその人との関係性とその先にいる個々人との関係性に当てはめる言葉ともなってます。(文責:谷口晋一)


★気持ちよく『やーめた』と思ったのに。
セラピストの皆さんは何かを新たに始めようとするとき、どうでしょう?

コレならいけるかな?と思うと目の前に壁、そして壁。

難しいな、ホントに難しい。
あー上手くいかない。
ダメだよね、どう見ても。

また周囲からもそれこそまっとうな理由をいただくので、それで気持ちよくやめようとなる。ですが、

一晩寝ると。
朝から“やること前提”で考え始めている。。(これは僕自身のことなのですが)

気持ちよく『やーめた』と思ったのに、それをすっかり忘れてる。

そしてまた一人でうーん、うーんと唸ってる。

「諦めたことなど一度もありません!」とカッコつけたいですが本当のところは、
「諦めたことを忘れてしまいまして。」が正しい。

何もなかった所から何かを生み出す、そんなゼロイチ体験は決してスマートなものではなく振り切っても振り切っても浮かび上がってくる様なものと僕は考えてます(文責:谷口晋一)

今回の講座でのテーマは『自分発掘』。
そのために9つの軸を挙げて掘り下げる事をしていきます。

本当は一人でできてしまえばそれに越したことはありません。

ただ、僕自身を含めて一人自分で自身の中にあるものを掘り下げる作業というのはなかなか大変です。

少人数講座の良い所はその空間や他人の力を借りて不明確なものを自ら気づけるということ。

実は何年も活動しているベテランセラピストたちも見落としたり忘れてしまってている9つの事。

もちろんそれ一つひとつにテンプレート化できる様な正解はありません。

自分の中に浮遊しているものを捕まえて整理して、明確な優先順位とそのための具体的にアドバイスできればというのが目的です。(文責:谷口晋一)

【群馬校】12月13日(水曜)『あなたらしく!輝く未来のセラピスト道を築く自分発掘講座』

★ 自分を一度壊す作業をする。
たとえば。
セラピストを、何かを提供する立場としてみたとき。

そのセラピスト自体が、変わりゆく業界や社会の求めるものへの変化に対応できなくなっているとき。それに対して、

まったく気づかない。
意識して気づこうとしない。
気づいているけど気づかないふりをする。
など、色々ありますが。

いわゆる、気づいて動き(もがき)始める。を選択した場合その第一歩は何か?と言えば。

今までの自分を一度壊す作業をする。ということだと思ってます。

業界や社会の変化は往々にしてゆっくりです。数年、いや下手をしたら10年20年のスパンで徐々に変化していく。

一方セラピスト個人はその特徴ゆえ(特別なケースを除いては)変化への対応は10年20年のスパンではない。

もちろん。
何かをやめる、始めるという分かりやすい変化だけでなく、むしろそのセラピストの中でのカチッとスイッチが入る瞬間。

ちなみに周りはなんとなくの変化に、ん?と思う程度の。

何かを提供する立場というのは、言い換えればプロフェッショナルセラピスト。

プロフェッショナルがプロフェッショナルゆえなのは、そのカチッというスイッチを何度も入れ直しているということだと思ってます。(文責:谷口晋一)